Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『殺人の追憶』
殺人の追憶
『殺人の追憶』 ★★★★☆
(2003年 韓国 130分)
監督:ポン・ジュノ
キャスト:ソン・ガンホ、キム・サンギョン

1986年10月23日、農村で若い女性の変死体が発見される。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)は地道な取り調べを始めるが、現場は大勢の見物人で荒らされ、なかなか証拠がつかめない。やがて、第ニ、第三の事件が起きてしまう。

参りました!

韓流、韓流と世間が(おばちゃんだけ?)騒ぐほどにレンタルビデオ店の韓流コーナーから足が遠のいていたが、何故か手に取りはじめて観た韓国映画になったこの作品。これを観て以降、私を韓流コーナーに必ず立ち寄らせることになりました。
未解決の連続殺人事件を扱ったこの作品、乱暴な捜査をぐいぐい進める体力派の地元刑事(ソン・ガンホ)と都会から来た知性派刑事(キム・サンギョン)対照的な2人の刑事がそれぞれのやり方で犯人検挙に向け奮闘します。しかしその甲斐なく、次また次と事件が発生してしまい・・・。
見る前に未解決事件だって事はわかっていた筈なんですがそんな事は何時の間にやら忘れてしまい、展開するストーリーに2人の刑事と同様に希望を抱き、絶望・落胆、焦り、憤りとまさしく翻弄されてしまいます。もう映画の中にどっぷり入り込んでしまいました。傑作です。
出演者もみんな味があってイイですよねぇ。ソン・ガンホ、キム・サンギョンは言うまでもないですが、『ぱんするぅ、ヒャンスクぱんするぅ』の彼もイイ味してます。

この映画がきっかけでポン・ジュノ監督の前作『吠える犬は噛まない』も観ましたが、これも良かった!(『スウィングガールズ』で大笑いした人は好きになるハズ!?)監督の次回作が待ち遠しいです。俳優ソン・ガンホと監督ポン・ジュノ作品はこれからも追いかけていきます。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。