Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『バタフライ・エフェクト』
バタフライ・エフェクト
『バタフライ・エフェクト』 ★★★★
(2004年 アメリカ 114分)
監督:エリック・ブレス、J/マッキー・グラバー
キャスト:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エリック・ストルツ

エヴァン(A・カッチャー)は少年時代、一時的に記憶がなくなる症状に悩まされていた。成人後はすっかりよくなったかに見えたが、ある日当時の日記を読み返した彼は、失った記憶を突然取り戻した。しかもその恐るべき記憶を、彼はあとから変更する事ができるのだった。

切なさ爆発!

序盤は主人公の記憶が頻繁に飛び、一体何があったんだ?とモヤモヤ感一杯。時が流れ主人公の記憶も長い間飛ぶ事が無くなった頃、思わぬことから過去にタイムスリップ。ここから怒涛の展開がスタートします。
ああ~少年時代のあの場面はそういう事だったんかぁ~とパズルが埋まっていく感覚を味わえます。現状を変えようと何度となくタイムスリップするものの、主人公が過去の出来事を修正したつもりが思わぬ状況を巻き起こし、どこを修正すべきか悩んだ末に最後には・・・、切なさ爆発です。
しかし、蝶のはばたきが地球の裏側では竜巻を引き起こすという、カオス理論そのままに幼馴染3人の変わりっぷりが凄いです。
観終わってしばらく経ってから改めて考えると、<そもそも記憶が飛ぶのは何故なんだ?未来の自分が乗っ取るから記憶が飛ぶのか??そうならば行きたい時間に好きなように飛べるハズだけど・・・>色々と考えてしましますが、観ている時はそんな疑問や矛盾点は全く感じさせず、映画の中に引き込まれます。いやぁとにかく面白い映画ですね、オススメです。

レンタルDVDには別バージョンのエンディングが2種類収録していますが、正直イマイチでそら公開版が一番!と思っていたんですが、どうやらセルDVDにはディレクターズカット版のエンディングを収録してあり、これこそ最初の振りにピッタリなのだとか。う~ん観たいけど購入するしかないんでしょうか・・・。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。