Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『スウィングガールズ』
スウィングガールズ
『スウィングガールズ』 ★★★
(2004年 日本 105分)
監督:矢口史靖
キャスト:上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、平岡祐太、竹中直人、
      白石美帆 

東北の片田舎にある高校。夏休みに補講を受けている女子学生たちが、サボりの口実としてビックバンドを始めた。“やる気のない”女子高生たちだったが、次第にジャズの魅力に引き込まれ、楽器は無いが自分たちだけのバンドを結成する。

気楽に楽しめる映画

邦画で楽しめる映画ってないかなと邦画コーナーを物色していたら、いつ行っても全部貸し出し中だったこの映画。残っていた瞬間すぐ手に取りました。『ウォーターボーイズ』(未見です)と似たような映画だっていう予備知識のみで鑑賞してみたら・・・。
ツッコミ出したらきりがないかもしれませんが(あっという間にみんな楽器が上手だとか)、心地よくゆるくて笑えましたね。やっぱり山形弁?が良かったんかな、演技が上手いとか下手とか気になりませんでした。例のイノシシのシーン(賛否両論のようですが)は面白かった!このシーンのようにいい感じで時々笑いのツボを押してくれるます。
ラストの盛り上がるべきラストの演奏では、どうせ吹き替えだろうと思いながら観ていたんですが(少なくともド素人には思えなかった)観終わった後に全て出演者が演奏していると知りちょっとビックリ。
深く考えずに(突っ込まずに)観ると楽しめる、案外邦画も面白いやん、と思わしてくれた映画です。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。