Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『バットマン ビギンズ』
バットマン ビギンズ
『バットマン ビギンズ』 ★★★
(2005年 アメリカ 140分)
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン、渡辺謙、モーガン・フリーマン

両親を殺害されたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、自ら犯罪組織に潜入し、「いかに悪と戦うべきか」を模索していた。謎の人物率いる秘密結社の修業を終えるが、思想の相違から決別。故郷ゴッサム・シティに舞い戻り、新たなヒーロー、バットマンになることを決意するのだが…。

楽しめる娯楽作。次作?が楽しみ。

初のバットマン作品は楽しめました。
今までなんとなく敬遠していたバットマンですが主役のクリスチャン・ベールを最近『マシニスト』で観て、あの体がどうなっているんだろう?という思いもあって鑑賞。結果は・・・その体って着ぐるみ?CGですか?ってくらいあの骨皮筋衛門と比べると別人のいい体してます。ちょっと影があるような雰囲気も醸し出していて、クリスチャン・ベールが主人公に上手くはまってます。また、脇を固める俳優(マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン)も良い!これだけのキャストなら次回作も期待できそう(次回作を匂わす終わり方でしたが、あるんでしょうか?)。ただ日本で話題になっていた渡辺謙は登場する秘密結社での修行シーンがぱっとしないせいもあるかもしれませんが、正直イマイチ。

主人公の人間的成長を含めバットマンの誕生を上手く紹介している映画です。敬遠している人も一度観てみては?
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。