Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『宇宙戦争』
宇宙戦争
『宇宙戦争』 ★☆
(2005年 アメリカ 116分)
監督:スティーブン・スピルバーグ
キャスト:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン、ティム・ロビンス

アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという異変が起きていた。レイ(トム・クルーズ)は、黙って外出した息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)を探しにいくため、娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)に留守番をするよういいつける……。

突っ込むのも忘れ、口をあんぐり

監督は何をしたかったんでしょうか。
スピルバーグ監督トムクルーズ主演とういタッグは『マイノリティー・リポート』と同じなんですが・・・。
その他出演者はダコタ・ファニング、ティム・ロビンスと好きな俳優なんですが、如何せん映画がグダグダ。お金がそこそこかかっていそうなだけに、落胆も激しかったです。
原作を忠実に再現しているというラストについてはあえていいませんが、ツジツマが合わない、唐突過ぎる、御都合主義、地球が宇宙人に襲われているにしてはあんまりスケール感を感じさせない・・・そんなシーンの連続です。むむっ!と感じたのは群集(人間)の怖さを描いたシーンぐらいですかね。
同じ怖さを描いたと思われるティム・ロビンス出演シーンですが、こちらは前後との繋がりが一切なく感じられ浮いてます。ティム・ロビンスが可愛そう・・・。
序盤の映像は確かに迫力ありますが、目新しさはない。
重低音に囲まれながら突っ込みまくり、突っ込み疲れ、脱力する映画かと。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。