Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
セレッソ大阪 VS ヴァンフォーレ甲府
J1リーグ 第6節
セレッソ大阪 2-3 ヴァンフォーレ甲府
【得点】 C大阪:ゼ・カルロス(44分)、西澤(75分)
     甲府 :長谷川(38分)、倉貫(63分)、倉貫(72分)

あ~ぁ・・・、負けました。
スタジアムで観戦してましたが、寒さが身にしみました。

【試合の感想】
負けましたが勝ってもおかしくない試合でした。
前節は勝ちましたが出来としてはほぼ同じ感じ。
新潟は外してくれたが、甲府には的確に決められたというのが
前節との差かなと。
前半終了間際にラッキーなPKで同点になったあと
後半早々に訪れたチャンスを決めれなかったのがこの試合の分かれ目だったかな。
(モリシがバーに当てたやつ)

良かった点
・両サイド共にサイドを駆け上がり何度と無くクロスを上げていた。
 右サイドの酒本(シャケ)はクロスの精度がイマイチ感もありますが
 是非1シーズン通してスタメンで使って欲しいですね。あのスピードは魅力です。
 周りの選手とのコンビネーションが高まれば、かなりの武器になると思います。
・西沢は『流石!』と思わせてくれるプレーを随所に見せてくれた。
 相手のプレッシャーが弱かったせいもあるかもしれないが、受けたパスはかなりの確立でボールを収め次へ展開出来ていた。
 1点差に追いつくゴールも上手かった。
・やはり山田卓が出ると守備・攻撃とも活性化した。

悪かった点
・バレーに簡単にボールキープされた
・甲府が中盤でボールをつなぐチームではないせいもあってか
 相手ボールを奪う位置が低かった。
 また、前線からのプレッシャーが上手くかけない状態で、相手のパスをカットしに行きかわされる。
 攻撃を遅らすべきところで突っかけてかわされる。

次節に向けては・・・
昨シーズンの様に高い位置で相手のボールを奪う場面が見られないのは
相手チームにやり方を研究されている結果とも思われるため
高い位置で取る為にチームでボールを奪いに行く連動性を上げるのも一つだが
低い位置からでも展開して崩せるメンバー構成にするのもいいのでは?
そんな訳で宮原を入れてみてはどうかと。
あとくどいようですが、ピンゴに代えて山卓をスタメンで使って!

最後に、スタジアムでセレッソのコール・応援歌のビラを配ってくれている方(『みんなでSB席をもっと盛り上げよう!!』有志一同)がいてそのビラを見てわかった事ですが
山卓のコールが間違ってました。訂正します、正しくは
♪やまぁ~だ、た~く~やぁ~。やまぁ~だ、た~く~やぁ~。
 お~れら~と、とも~に、たた~かお~ぜ、やまぁ~だ、た~く~やぁ~。♪
しかし、アップの時山卓への声援が大きかったですね。
みんな同じことを感じてるんでしょう。是非スタメンで!
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。