Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『コーラス』
コーラス
『コーラス』 ★★★
(2004年 フランス 97分)
監督:クリストフ・バラティエ
キャスト:ジェラール・ジュニョ、ジャック・ペラン、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル

世界的指揮者として知られるピエール(ジャック・ペラン)は、母の葬儀のために故郷へ戻る。そんなピエールのもとに子供時代を一緒に過ごしたペピノが現れ、幼い日にピエールの生き方を変えてくれたひとりの音楽教師の残した形見の日記を手渡す。

ベタなんだけど、ついついホロリ

話自体は結構ベタな展開なんですが、
なんといっても題名の通り少年達のコーラスが良かったです。
特にピエール役の少年(ジャン=バティスト・モニエ)がいい声なんです。
なんでしょうかね、こういう音楽が前面に出ている映画に私は弱いのかな。
また、マチュー(ジェラール・ジュニョ)がいい味出してます。人間臭さを感じますね。
結構いい先生っぽいんですが(先生っていうより親しみやすく、信頼できるおじさん?)でも案外みんなを公平に扱ってないんですよね・・・。楽譜を持つだけの少年もいたりして。まぁあの声聞くと歌うなっていう気持ちがわからんではないですが(笑)。

ラストの盛り上がる場面が、じんわり胸にきます。
あ~そうきましたか!と心の中で叫びました。子供たちが心開く過程で軽い振りの様なシーンもありますしね。
ただ、こう思った人も多かったはず
”マチュー!持って行くのそれだけ・・・”
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。