Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
サンフレッチェ広島 VS セレッソ大阪
J1リーグ 第9節
サンフレッチェ広島 1-1 セレッソ大阪
【得点】 広島 :佐藤(0分)
     C大阪:徳重(50分)

試合開始早々脱力感に見舞われたが・・・

【試合の感想】
TVにて観戦。
監督交代したチーム同士の対戦。
今節も雨の中での試合、スリッピーなグランド状態だったが前節よりはボールが収まりゲームになっていた。
正直開始早々の失点には脱力しまくりましたが
変更したシステムはそれなりに機能していましたし
勝ち点1も取れたし、監督交代後の第1戦としては及第点じゃないでしょうか。

感じた事
・変更したシステムの狙い通りかサイドからの攻撃が数多く見られた。
 しかし速攻や相手DFを崩したシーンはほとんどみられなかった。
・4バックの前のスペースが結構空いている様に感じた。
・相手のトップ下ウェズレイへのボールを簡単に入れられていた。
 やはり4バック前のスペースを埋めれてないから?
・山田が非常に良かった。タイミング良い攻撃参加や危険なスペースを埋めたりと大活躍。チームに不可欠な選手である事を再認識。
・西沢の下4人の役割が明確でなかったか。(システム変更直後だからしょうがない?)
・久しぶりの出場となった江副はまずまずの出来。
 ただ、センターバックの2人の内1人はブルーノだろうから
 もう1人は足の速い選手が好ましいが江副は足速いのかな?

しばらくこのシステムでやるんでしょうかね、
前のシステムでもそうでしたが、ボールキープが出来てさばける選手欲しいな。
そんな訳でこのシステムでも宮原は観てみたい・・・。
次はホーム、是非勝って勝ち点3を!
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。