Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『SAW2』
SAW2
『SAW2』 ★★★
(2005年 アメリカ 100分)
監督:ダーレン・リン・バウズマン
キャスト:ドニー・ウォールバーグ、ディナ・メイヤー、フランキー・G,エマニュエル・ヴォージア、トビン・ベル、ショウニー・スミス、グレン・プラマー

刑事エリック(ドニー・ウォールバーグ)の下に殺人事件発生の報が来る。犯人は刑事エリックを名指しで挑発してきた。その手口と類似点から連続殺人犯ジグソーの影が浮かび上がる。

痛い・・・

ラストのオチにはう~んと唸りました。
個人的には前作のオチはあまりに唐突すぎて、また疑問も大きく
(あんな長い時間ピクリとも・・・?)
オチで脱力してしまったので、今回のオチは気持ち良かったです。

なかなか面白い映画ですが
前作もそうでしたがあんまり恐怖感を感じないんですよね
痛そう・・・とは思うんですが。
この作品でちょっと残念だなと感じた点は
・監禁された8人の無防備な行動
 手を突っ込んだ女性などあり得ない・・・
・8人の脱出方法、その答えは結局?
 虹の彼方って・・・
・サクサク話しが進む分、掘り下げがなく恐怖や焦燥感があまり感じられない。
 8人も必要だったのか・・・
・前回も感じたがタイムリミットがある割りに
 あまりそれを意識させていなくて焦りを感じない。

いろいろ書きましたが面白い作品です(笑)
ただ前作『SAW』を観ていないと面白くないでしょうね。
なんだか続編があるかも・・・と匂わせてましたが
アマンダにあの役は無理なのでは?とかゴードン医師の死体が
無かったのでもしや彼が関ってくる?なんて事も色々考えてしまいますね。なんだかんだ言いながら、多分観てしまうんでしょうね続編も(笑)。
スポンサーサイト
『コラテラル』
コラテラル
『コラテラル』 ★★☆
(2004年 アメリカ 120分)
監督:マイケル・マン
キャスト:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット・スミス、マーク・ラファロ、ピーター・バーグ、ブルース・マッギル、イルマ・P・ホール

L.Aのタクシー運転手であるマックス(ジェレミー・フォックス)はいつものように仕事をしていた。女性検事であるアニー(ジェイダ・ピンケット・スミス)を彼女の事務所のビルに送り届け、入れ替わりに乗せたのはヴィンセント(トム・クルーズ)という一人の紳士。彼は破格の値段で一晩タクシーを借り切ると言う。しかし彼を乗せたことからマックスは悪夢のような夜を経験することとなる。

♪ちゅび~ ちゅば~ ごっ♪

凄腕の殺し屋がタクシーで移動するという素晴らしい設定のこの映画。
そんなストーリー展開には突っ込みどころも満載な訳ですが・・・。

そんな突っ込みポイントを補ってくれる魅力がこの映画にはあります。
まずは映像が雰囲気たっぷりでいいんですよ、まさにL.A.の夜って感じがします。この雰囲気は素晴らしいです。

また、耳が痛い言葉をはくんですよ、殺し屋さんが。
夢見るタクシードライバーのマックスに投げかけられる手厳しい言葉の数々。
「お前は夢を語るだけで行動を起こさない」など・・・
う~ん俺も耳が痛い!これらの言葉達をゆっくり噛み締めてみるのも良い。


そしてなにより、トムさんのガンさばきが素晴らしい。
まず自分の荷物を取返す、路上でのアクションシーン。
なんつ~んですかね。動きに無駄が無い!
何度となく繰り返して観ましたよ。当然殺し屋の動きなんて見た事ないですが(笑)
こんな動きじゃないのかなぁって思う程リアリティーが感じられ、かつスマート。
そしてこの映画のクライマックスであろう満員のクラブで任務決行するシーン。
♪ちゅび~ ちゅば~ ごっ♪(すいません何の曲かわからないので・・・)
という大音量の音楽(雰囲気作るんですよこの音楽)をバックに、機敏に動き任務を果す殺し屋トム。しびれます、ホント。

なにかと批判される映画でしょうが
トムさんのガンさばき、それを観るだけでも十分な価値があると思います。
未見の方は是非、あの無駄がない動きと雰囲気を楽しんでください。
『イン・ハー・シューズ』
イン・ハー・シューズ
『イン・ハー・シューズ』 ★★★
(2005年 アメリカ 131分)
監督:カーティス・ハンソン
キャスト:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン、ブルック・スミス、ノーマン・ロイド、リチャード・バージ、エリック・バルフォー、アンソン・マウント

弁護士のローズ(トニ・コレット)は、義理の母親に家を追い出された妹、マギー(キャメロン・ディアス)を仕方なく自宅に居候させるが、マギーは仕事がなかなか決まらない。それどころか、姉ローズの衣服や装飾品を拝借したり、ついには恋人にまでちょっかいをかけ・・・

必要とされて人は輝く

映画前半は姉・妹それぞれのコンプレックスを中心として人物紹介してます。
そのコンプレックスが結構極端で、マギーは文字をスラスラと読めないっていう設定なんですが・・・。姉が弁護士なのにそこまで酷いのかという感じを受けなくもないです。

その序盤の展開も姉・妹間に勃発するある事件をきっかけに急展開をみせます。
姉は仕事をやめ、妹はもう亡くなっていたと思っていたおばあちゃんがいると知り居場所を求めておばあちゃんの元へ。
ここから2人の新たな人生がスタートします。

妹はおばあちゃんのいるフロリダで、他人から自分を必要とされる喜びを知り輝いていきます。このいろんな出来事を通して妹が変わっていくさまが感動的でいいですね。
姉も一時はどん底に落ちたものの、自分をさらけ出せるように変わっていきます。

キャメロン・ディアスは流石にふけたかなぁと、アップになると感じましたが
(『マスク』からはや12年ですから、無理もないですかね)
あの屈託のない笑顔は健在です。


号泣するような映画ではないですがじんわり感動できる、いい作品です。
誰かに必要とされる事って、いいですね。
『博士の愛した数式』
博士の愛した数式
『博士の愛した数式』 ★★☆
(2005年 日本 117分)
監督:小泉堯史
キャスト:寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子

数学教師のルート(吉岡秀隆)は最初の授業で、自分の名前の由来を語り始める。それは幼い頃、彼が好きな博士(寺尾聰)が名づけてくれた仇名だった。シングルマザーだったルートの母(深津絵里)は、事故の後遺症で記憶障害を負った数学博士の家で、家政婦として働き始めた。

数学って奥深い

あなたは理系ですか文系ですか?
私は理系でした。数学も好きな教科でしたが
素数に興味を持った事はないし、友愛数や完全数なんて知りませんでした。

知っています?友愛数。
友愛数がどんな数字か、映画を観ると博士とルートがやさしく教えてくれます。
観て初めて知りましたが、なかなか興味深い数字です。
そんな知らない事をやさしく教えてくれるだけでなく
観ていると数学が哲学の様にすら感じられてきます。
(直線と線分の話や、虚数、オイラーの公式の話など)

寺尾聰は記憶障害の博士を上手く演じてますし、深津絵里や吉岡秀隆も
相変わらずの魅力を出しています。
しかし、私がドラマチックな展開を期待しすぎたからかもしれませんが
全体的にあっさりした印象を受けました。
いい映画なんですが、そのあたりがちょっと残念ですね。

とはいえ、博士と親子の関係のように不思議と観ていて心地良いですし
いろんな方に数学に興味を持ってもらうには
凄くいい映画じゃないでしょうか。
『マラソン』
マラソン
『マラソン』 ★★★
(2005年 韓国 117分)
監督:チョン・ユンチョル
キャスト:チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン、ペク・ソンヒョン、アン・ネサン

5歳児並みの知能しかない20歳のチョウォン(チョ・スンウ)は、“走り”の才能だけはピカイチ。母親のキョンスク(キム・ミスク)は何とか長所を伸ばしたいと願い、かつての有名ランナーで、今は飲んだくれのチョンウク(イ・ギヨン)にコーチを依頼するが……。

ウルウルして下さい。

いいです、チョ・スンウ。
相当研究したんでしょうね、障害者を違和感なく演じきっています。
他の出演作は知らないんですが、注目すべき俳優さんじゃないでしょうか。
これくらい障害者を演じていて違和感ないのは、記憶の中では『アイ・アム・サム』のサムの仲間達くらいですね。
あの映画の役者さんの演技も驚いたものです(実際の障害者が出演していた事にも)。

走る事が大好きなチョウォンを取巻く環境は厳しいものの
主人公の純粋さで次第に周囲の人にも次第に変化が・・・。
そのなかでも真の主役というべき母親の心情が上手く描かれていて
私は男なんですが、母親役にちょっと入り込んでしまいました。

伏線も上手くはれていますし、安心してウルウルと感動できる作品です。
『フル・モンティ』
フル・モンティ
『フル・モンティ』 ★★☆
(1997年 イギリス 93分)
監督:ピーター・カッタネオ
キャスト:ロバート・カーライル、トム・ウィルキンソン、レスリー・シャープ、マーク・アディ、スティーヴ・ヒューイソン

イギリス北部のシェフィールドはかつて鉄鋼業で栄えた街だが、今では失業者が溢れている。息子の養育費を払う事が出来ずに共同親権を失いそうなガズもそんな失業者のひとり。だが親友のデイヴと共に男性ストリップショーに紛れ込んだガズは女性陣の熱狂ぶりに驚き、何の取り柄もない自分たちでもストリップをすれば金を稼げるのではないかと考えた……。

切実なんだけどお馬鹿で笑える

状況は違うものの、それぞれが深刻な問題を抱えている男たち。
その根底には不況という、いかんともし難いやつが・・・。

そんな状況から一気にストリップでお金稼ごうやぁ~♪

って、発想がいきなりぶっ飛びすぎ!
まぁ、確かにストリップ劇場の女性(おばはん?)達はそら物凄く楽しそうでしたけどね。

みんなで頑張って練習している姿は微笑ましく
練習曲が流れると、思わずみんな体が動いてしまうほどに。
踊る曲の選曲がいいですよね、観てるだけで楽しくなっちゃいます。

不況のイギリス映画といえば『ブラス!』でしょうが
こっちもなかなか負けていない、お馬鹿ばんざい映画です。
『ALWAYS 三丁目の夕日』
ALWAYS 三丁目の夕日
『ALWAYS 三丁目の夕日』 ★★★☆
(2005年 日本 133分)
監督:山崎貴
キャスト:吉岡秀隆、堤真一、小雪、掘北真希、三浦友和、薬師丸ひろ子、もたいまさこ

昭和33年。東京下町の自動車修理工場に集団就職で青森からひとりの少女、星野六子(掘北真希)が就職してきた。六子はとまどいながらも、社長の鈴木則文(堤真一)、則文の妻トモエ(薬師丸ひろ子)や息子の一平らと仲良くなり一家になじんでいく。一方、売れない作家の茶川(吉岡秀隆)は、飲み屋のおかみのヒロミ(小雪)から、親に捨てられた少年・淳之介を押しつけられ、一緒に生活することに・・・。

頑張れ!文学! 負けるな!鈴木オート!!

昭和33年の東京が舞台のこの映画。
もちろんそんな時代の事を知っている訳ではないんですが
観ていて違和感なく ”あ~、懐かしいなぁ~” と感じました。何でやろ?(笑)
東京タワーを上手く使ったりと、そんな素晴らしい雰囲気を作ってくれた映像に拍手です。

しかし、いくら映像が良くてもキャストが悪けりゃなにもならないところですが
なんだかみんないい味だしてるんですよね。小雪も違和感なく昭和30年代に染まっているし、掘北真希は青森りんご娘を好演、子役の2人も良かった。
そして何より、文学と鈴木オートが輝いてました。
文学こと吉岡秀隆は淳之介と触れ合うことで様々に変化するその心情を熱演。
最後のあの演出は余計かなぁと思いつつも、2人の演技を観ていたらなんだかウルウルしてしまいました。
そして、やっぱりこの人鈴木オートこと堤真一、最高です!笑わせてくれます!
もともと好きな俳優さんなんですが、この映画ではほんと輝いてますね。アドリブとか結構多そうでし、もうやりたい放題です(笑)。
この鈴木オートを観ていると、昔のCXドラマ『恋のチカラ』(他出演者:深津絵里、坂口憲二、矢田亜希子 他、主題歌の小田和正『キラキラ』も凄く良い!)に出演していた時のキャラを思い出しました。あのドラマでもやりたい放題って感じではまってましたからねぇ。個人的にはかなり好きなドラマでした。
そんな訳でこの映画の堤真一最高!って感じた方は『恋のチカラ』の方も是非御覧あれ。
2006上半期ベスト5
久々のブログ更新。
え~、どれ位空いたかな・・・2ヶ月ぶりですな(笑)。

いつの間にやら上半期も終了しているという事で
ホームシアターでのDVD鑑賞がメインですが
全部で47本鑑賞してる中での2006上半期ベスト5です。

第1位 バタフライ・エフェクト
第2位 チャーリーとチョコレート工場
第3位 アンナとロッテ
第4位 ALWAYS 三丁目の夕日
第5位 大いなる休暇


1位~5位までほぼ差がなかったですが
鑑賞した時の衝撃度で1位にしたのはバタフライ・エフェクト
DVDも購入し、噂のディレクターズカット版のエンディングも鑑賞しました。
感想は・・・私としては通常版のエンディングがやっぱり良かったですね。
ディレクターズカット版は”切ない”を通り越して”辛い!”です(笑)。

2位は独特の世界観と大勢での合唱を繰り返し何度も堪能させてもらった
チャーリーとチョコレート工場。

3位は別角度から戦争にスポットを当てているアンナとロッテ
戦争によって、お互いの未来を狂わされた双子姉妹の物語です。
あんまり知られている映画ではないかもしれませんが、未見なら是非観て頂きたい映画ですね。

4位は話題作ALWAYS 三丁目の夕日。
いいっすね”鈴木オート”。堤真一の魅力爆発している映画ですね。
そのキャラで昔のドラマ『恋のチカラ』を思い出しました。
あのドラマ好きだった方はこの映画も楽しめるはず!?

5位はゆるゆる系でありながら心を温めてくれた大いなる休暇。
こちらもマイナー映画ですが、TUTAYAには置いていますので(多分)
未見の方は是非!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。