Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『コラテラル』
コラテラル
『コラテラル』 ★★☆
(2004年 アメリカ 120分)
監督:マイケル・マン
キャスト:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット・スミス、マーク・ラファロ、ピーター・バーグ、ブルース・マッギル、イルマ・P・ホール

L.Aのタクシー運転手であるマックス(ジェレミー・フォックス)はいつものように仕事をしていた。女性検事であるアニー(ジェイダ・ピンケット・スミス)を彼女の事務所のビルに送り届け、入れ替わりに乗せたのはヴィンセント(トム・クルーズ)という一人の紳士。彼は破格の値段で一晩タクシーを借り切ると言う。しかし彼を乗せたことからマックスは悪夢のような夜を経験することとなる。

♪ちゅび~ ちゅば~ ごっ♪

凄腕の殺し屋がタクシーで移動するという素晴らしい設定のこの映画。
そんなストーリー展開には突っ込みどころも満載な訳ですが・・・。

そんな突っ込みポイントを補ってくれる魅力がこの映画にはあります。
まずは映像が雰囲気たっぷりでいいんですよ、まさにL.A.の夜って感じがします。この雰囲気は素晴らしいです。

また、耳が痛い言葉をはくんですよ、殺し屋さんが。
夢見るタクシードライバーのマックスに投げかけられる手厳しい言葉の数々。
「お前は夢を語るだけで行動を起こさない」など・・・
う~ん俺も耳が痛い!これらの言葉達をゆっくり噛み締めてみるのも良い。


そしてなにより、トムさんのガンさばきが素晴らしい。
まず自分の荷物を取返す、路上でのアクションシーン。
なんつ~んですかね。動きに無駄が無い!
何度となく繰り返して観ましたよ。当然殺し屋の動きなんて見た事ないですが(笑)
こんな動きじゃないのかなぁって思う程リアリティーが感じられ、かつスマート。
そしてこの映画のクライマックスであろう満員のクラブで任務決行するシーン。
♪ちゅび~ ちゅば~ ごっ♪(すいません何の曲かわからないので・・・)
という大音量の音楽(雰囲気作るんですよこの音楽)をバックに、機敏に動き任務を果す殺し屋トム。しびれます、ホント。

なにかと批判される映画でしょうが
トムさんのガンさばき、それを観るだけでも十分な価値があると思います。
未見の方は是非、あの無駄がない動きと雰囲気を楽しんでください。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。