Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『父親たちの星条旗』
父親たちの星条旗
『父親たちの星条旗』 ★★★
(2006年 アメリカ 132分)
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ジョン・スラッテリー、ニール・マクドノー

太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。国民的英雄として熱狂的に迎えられた彼らは、戦費を調達するための戦時国債キャンペーンに駆り出され、アメリカ各地を回るのだったが…。
<allcinema ONLINEより>


クリント・イーストウッドらしい戦争映画

クリント・イーストウッドの抑えた演出は合わないのか、一般的に評価の高い『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』なども正直そこまで評価される理由が判らず・・・
しかし、戦争映画っていうと他国の戦争ばっかりであったのが、今回の『父親たちの星条旗』は日本も題材になっていて、しかも日本側の視点で描かれる『硫黄島からの手紙』も第2弾として控えているって事で早速観に行ってきました。

大勢登場人物が現れるのと服装に差がないせいか、序盤は顔と名前がなかなか一致しませんでした(戦争映画ではしょうがないかも?)。そんな中で『プライベート・ライアン』でスナイパージャクソン演じていたバリー・ペッカー、『バンド・オブ・ブラザース』のニール・マクドノーを見つけた時は妙に嬉しかったです。
そして鑑賞後気付いたのですが『リトルダンサー』のジェイミー・ベルがイギー役で出演していたんですね。イギーの最期がどうなったか気になるところですが(『硫黄島からの手紙』でわかる?)しかし大きくなった、観ただけでは分かりません。

戦闘シーンは流石ハリウッド、流石ドリームワークスといったところで、なかなかの迫力です。戦闘機からの視点が個人的にははまりました。この映画と『男達の大和 YAMATO』を比べると、邦画はやっぱり戦闘シーンのしょぼさが出ますね。YAMATOは観ている時も思ったんですが、やっぱ引いている絵がもっと欲しかった。資金力の差なんでしょうか?日本の大作と呼ばれるものは画作りが下手です。
その引いた絵で今作では、硫黄島を取り囲む艦船の多さ、集中砲火っぷりが描かれていて、あれほどの物量に対して、よくも1ヶ月もの間耐えれたと改めて驚きます。上陸したての日本側抵抗も凄いですしね。

その戦闘シーンもクリント流なのか淡々としています。
夜襲を受けて必死に戦う姿や、落ちた船員をあっさり見捨てたり、味方の銃弾に倒れたり、『プライベート・ライアン』で鬼神の様な働きをしたスナイパージャクソンの様な存在もない。戦争に英雄なんていないんだよと淡々としながらもシビアな戦場を映し出しています。グロイシーンも淡々と・・・。

帰国し英雄として持ち上げられる3人ですが、同じ様に苦しむのではなく、楽しんでいる様にも見える人もいるのですが戦争終了後の扱いは酷いものです。ただこの辺りの描写も距離を保って淡々と描ききっています。盛上げる箇所などありません。
逆にこの辺りが評価される所以なのかな。

エンドロールでの写真(多分当時の物)も映画に重みを持たせてます。
その後の『硫黄島からの手紙』予告を観て決めました。
次も観に行きます。
スポンサーサイト
『サンキュー・スモーキング』
サンキュー・スモーキング
『サンキュー・スモーキング』 ★★★
(2006年 アメリカ 92分)
監督:ジェイソン・ライトマン
キャスト:アーロン・エッカート、マリア・ベロ、デヴィッド・コークナー、キャメロン・ブライト、アダム・ブロディ、サム・エリオット、ケイティ・ホームズ、ロブ・ロウ、ウィリアム・H・メイシー、J・k・シモンズ、ロバート・デュヴァル

タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラーは、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任される。一人息子のジョーイを連れ、ロサンジェルスへと渡ったニックは、さっそくハリウッドの大物エージェントと面会、タバコPRのための映画の企画を話し合う…。
                <allcinema ONLINEより>


あー言えば、こー

ロビイストって単語、初めて知りました。
ロビー活動(ロビー活動とは、各種職業団体、業界団体、財界団体などの利害関係者集団による、政治家に対する働きかけ及び圧力行動)を専門に職業として行う人だそうで、主人公ニックもその一人。
職業としているだけあってか、のっけから討論番組で敵対団体代表を論破していきます。

しかし、あんなに柔軟に発想できたらなぁ
周りが敵だらけの中あれだけ口が滑らかにまわる主人公は
口下手な私としては、羨ましい限りです。

笑える映画ですが、アハハと大口を開けて笑うというよりは
思わずニヤリとしてしまうような笑いですね。
ニックの息子が母親に対して、ロス行きの許可を貰うシーンなんか、
かなりニヤリとしました。

単なるオバカ映画ではないし、主人公の主張も映画コピーのように煙に捲くだけでなく、鋭いところを突いています。
ただ、メッセージ性がある訳ではないので記憶に残らないかもしれませんが・・・

テンポが良く、上映時間も短いのでお気軽に観れて楽しめる映画ではないでしょうか。
欲をいえば、もっと論破しあう場面を見たかったかな。
あと、おしゃれなオープニングは必見!?です。
『16ブロック』
16ブロック
『16ブロック』 ★★★
(2006年 アメリカ 101分)
監督:リチャード・ドナニ
キャスト:ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターン

NY市警のジャック・モーズリー刑事(ブルース・ウィリス)は、酒浸りの冴えない日々を送っていた。ある日、上司から証人エディ・バンカー(モス・デフ)を16ブロック先の裁判所まで護送してほしいと頼まれる。15分もあれば終わる仕事のはずだったが、移送する途中2人は何者かに襲われる。

ラストシーンに目を潤ませる

映画観初めてまず感じた事が
ブルース・ウィリスって何歳?
そんな事を考えてしまうほど映画でのくたびれた姿が凄く板についていました。
そのアル中ぶりと片足が悪い事から『ダイ・ハード』のような展開はないなと思いつつ鑑賞。

その予想通りアクション映画としては、特に特筆する事もなく(笑)
ハリウッド映画って感じの都合の良い展開もありつつストーリは進みます。
予告などではバス暴走のシーンが印象強かったのですが、暴走は意外にあっさり終わりますしね。

ただ冒頭にある、振りのシーンになってから
既定路線からゴロっと変化します。
あの行動にはちょっと驚かされました。
この時の会話がラストに反映されていたりしますしね。

傑作映画ではないんですが
ラストがなかなか良かったんで楽しめました。
まぁ、なかなか人って簡単に変われないですけどね(笑)
『ブロークバック・マウンテン』
ブロークバック・マウンテン
『ブロークバック・マウンテン』 ★★☆
(2005年 アメリカ 134分)
監督:アン・リー
キャスト:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ、ランディ・クエイド、リンダ・カーデリニ、アンナ・ファリス

ワイオミング州ブロークバック・マウンテン。羊放牧の職を得た20歳の青年・イニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)は、過酷な労働状況の中で互いを助け合い、惹かれ合っていく。

強烈すぎて

公開当時、観に行きたいなと思いつつ行けなかったこの映画。
レンタル開始したので早速観ました。

私にはやっぱり男同士っていうのは良くわからず・・・
テントの中で・・・のシーンでは、「いきなりかいな」
と驚きましたが、惹かれあった者同士はああいうものなのでしょうか。

男そのものが好きなジャックとジャックに愛情を注ぎながらも
世間体に苦しむイニス。途中男同士なだけで普通のメロドラマ?
なんて思いながら観ていましたが、
ジャックが不幸が訪れた後、イニスがジャックの家で見つけた物
あの重なり合った物がジャックの思いを表している様でなんともいえなかったですね。

いわゆるメロドラマがどちらかというと苦手なのに加え
男同士っていうのが強烈なのもあってか
世間の評価が高そうなのですが、私には合わなかったようです。
『フラガール』
フラガール
『フラガール』 ★★★
(2006年 日本 120分)
監督:李相日
キャスト:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、富士純子、岸辺一徳、山崎静代

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。オイルにおされる石炭の影響は当然の如く炭鉱に及び、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画され、目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われた。先生であるダンサーの平山まどか(松雪泰子)と、炭鉱娘の紀美子(蒼井優)達は店のオープンに間に合わせようと奮闘するが・・・。

ベ~タ でぇ~す

予告のダンスシーンを見て気になっていたフラガール。
あの「ヘイッ!」って踊りの最後の決めが妙に頭に残っていたんですよ。
そんな訳で早速観に行ってきました。

ベタですねぇ~(笑)
廃れ行く町を背景に、炭鉱にしがみつく男達と生きる為に変わろうとする男達との対立。新しい物に希望を見る少女達と古い考えに固まった親との対立。この対立の中、物語は展開するのですが・・・

話の展開はとてもベタ、放置されたまま終わるエピソードもあったり
(結局まどか先生は大丈夫なの・・・?)
シーンの移り変わりもなんだか学生映画っぽい感じで上手くない。
でも・・・わかっちゃいるけど涙をし、楽しく観れたので時間がとても短く感じました。
この手のベタさは日本人は好きなんじゃないかな。

『遠い空の向こうに』 『リトルダンサー』 『ブラス!』といい
やっぱ炭鉱ものにハズレなし、といったところでしょうか。
でも、改めて上の映画と比較すると・・・
題材がいいだけにもう少し演出が良かったらもっといい映画になったのでは?  
と少し残念です。

とはいえ
3ヶ月特訓したというラストのダンスシーンも素晴らしく(若干長めですが、蒼井優の踊りと笑顔・しずちゃんの踊りもなかなかです)
笑いあり涙ありの楽しい映画でした。ベタ嫌いじゃない方なら楽しめるはず。

そして他の炭鉱物を観てみたいという方には
『遠い空の向こうに』を是非ご覧下さい!   オススメです。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。