Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『フラガール』
フラガール
『フラガール』 ★★★
(2006年 日本 120分)
監督:李相日
キャスト:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、富士純子、岸辺一徳、山崎静代

昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。オイルにおされる石炭の影響は当然の如く炭鉱に及び、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画され、目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われた。先生であるダンサーの平山まどか(松雪泰子)と、炭鉱娘の紀美子(蒼井優)達は店のオープンに間に合わせようと奮闘するが・・・。

ベ~タ でぇ~す

予告のダンスシーンを見て気になっていたフラガール。
あの「ヘイッ!」って踊りの最後の決めが妙に頭に残っていたんですよ。
そんな訳で早速観に行ってきました。

ベタですねぇ~(笑)
廃れ行く町を背景に、炭鉱にしがみつく男達と生きる為に変わろうとする男達との対立。新しい物に希望を見る少女達と古い考えに固まった親との対立。この対立の中、物語は展開するのですが・・・

話の展開はとてもベタ、放置されたまま終わるエピソードもあったり
(結局まどか先生は大丈夫なの・・・?)
シーンの移り変わりもなんだか学生映画っぽい感じで上手くない。
でも・・・わかっちゃいるけど涙をし、楽しく観れたので時間がとても短く感じました。
この手のベタさは日本人は好きなんじゃないかな。

『遠い空の向こうに』 『リトルダンサー』 『ブラス!』といい
やっぱ炭鉱ものにハズレなし、といったところでしょうか。
でも、改めて上の映画と比較すると・・・
題材がいいだけにもう少し演出が良かったらもっといい映画になったのでは?  
と少し残念です。

とはいえ
3ヶ月特訓したというラストのダンスシーンも素晴らしく(若干長めですが、蒼井優の踊りと笑顔・しずちゃんの踊りもなかなかです)
笑いあり涙ありの楽しい映画でした。ベタ嫌いじゃない方なら楽しめるはず。

そして他の炭鉱物を観てみたいという方には
『遠い空の向こうに』を是非ご覧下さい!   オススメです。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。