Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『佐賀のがばいばあちゃん』
佐賀のがばいばあちゃん
『佐賀のがばいばあちゃん』 ★★★★
(2006年 日本 104分)
監督:倉内均
キャスト:吉行和子、浅田美代子、工藤夕貴、山本太郎、緒形拳、鈴木祐真、池田晃信、池田壮磨、穂積ペペ、三宅裕司、島田紳助、島田洋八

泣いて、笑って、がばいばあちゃんの言葉を噛み締める

この映画は島田洋七さんの幼少の頃のお話で、
昭和33年 広島で母子家庭だった洋七さんは、暮らしが大変な事や母親が繁華街で働いていたので教育上良くないという事で佐賀にいるおばあちゃんに預けられた。
そのおばあちゃんと暮らした日々の物語を描いた映画です。

映画を観てから、原作を読んだんですが
映画はかなり原作に忠実ですね。
そして、観て・読んでとても心があったかくなりました。

「悲しい話は夜するな  
   つらい話も昼にすれば何ということもない。」
「人に気付かれないのが本当の優しさ、本当の親切」 などなど
おばあちゃんが放つ、数々の言葉がいいんです。
時にいい言葉だなとうならされ、時に開き直ったというか、機転の利いた言葉に笑ってしまいます。
スポーツをしたい!!ってねだる昭広少年とおばあちゃんとの一連のやり取りには、もう爆笑です。

そんなおばあちゃん役を吉行和子さんが好演。
ぶっきらぼうでいて、奥底にやさしさを感じさせるおばあちゃんでしたね。最期のシーンでの、魂の叫びはたまりませんでした。
昭広少年役の3人もそれぞれいい感じで、観ていて変な違和感など感じませんでしたし、脇にいる工藤夕貴、山本太郎、緒形拳なども良かった。

観ていて、とても幸せな気持ちになれる、元気をもらえる映画です。
未見の方は是非!
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。