Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『パッチギ !』
パッチギ !
『パッチギ !』 ★★
(2004年 日本 119分)
監督:井筒和幸
キャスト:塩谷瞬、高岡蒼佑、江尻エリカ、湯原京子、尾上寛之、大友康平、
      オダギリジョー

1968年、京都。高校2年生の康介(塩谷瞬)は、担任からの指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れするが……。

期待しすぎたのかな・・・

何だか評価が良いみたいだしパッケージの絵がカッコイイ!青春を感じさせます。そんな訳で期待満々で井筒監督作品を初めて観ました。
なんと言うか・・・薄い!色々と詰め込み過ぎなんでしょうか?
康介とキョンジャの恋愛は展開がぶつ切り感満載、日朝間の溝を乗り越えての恋愛!っていうにはどうも・・・。そして突如始まる日本への恨みを吐露するシーン、唐突で安直過ぎやしないか・・・。
それに続く乱闘・出産シーン、怒涛の展開なんですが逆に冷めていきました。
なんで楽しめなかったのかなと考えてみると、やっぱ井筒監督が何をテーマに撮ったのかが私には感じられなかったからじゃないかと。いい意味で驚いたのは大友康平とオダギリジョーの存在感。 
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
 パッチギ ! スタンダード・エディション「パッチギ!」 ★★★(2004年日本)監督:井筒和幸原案:松山猛  『少年Mのイムジン河』キャスト:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリ
2006/02/14(火) 08:22:58 | NUMB
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。