Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『マラソン』
マラソン
『マラソン』 ★★★
(2005年 韓国 117分)
監督:チョン・ユンチョル
キャスト:チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン、ペク・ソンヒョン、アン・ネサン

5歳児並みの知能しかない20歳のチョウォン(チョ・スンウ)は、“走り”の才能だけはピカイチ。母親のキョンスク(キム・ミスク)は何とか長所を伸ばしたいと願い、かつての有名ランナーで、今は飲んだくれのチョンウク(イ・ギヨン)にコーチを依頼するが……。

ウルウルして下さい。

いいです、チョ・スンウ。
相当研究したんでしょうね、障害者を違和感なく演じきっています。
他の出演作は知らないんですが、注目すべき俳優さんじゃないでしょうか。
これくらい障害者を演じていて違和感ないのは、記憶の中では『アイ・アム・サム』のサムの仲間達くらいですね。
あの映画の役者さんの演技も驚いたものです(実際の障害者が出演していた事にも)。

走る事が大好きなチョウォンを取巻く環境は厳しいものの
主人公の純粋さで次第に周囲の人にも次第に変化が・・・。
そのなかでも真の主役というべき母親の心情が上手く描かれていて
私は男なんですが、母親役にちょっと入り込んでしまいました。

伏線も上手くはれていますし、安心してウルウルと感動できる作品です。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
2005年 韓国泣けて泣けて泣きすぎて、ひどい頭痛に襲われたほど。すごく泣ける一方で、なんだか爽やかな風に吹かれたようなそんな映画だった。なにかのドキュメントで、自閉症の子供を抱えて悩む母親にカウン
2006/07/15(土) 21:02:01 | cinema note+
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。