Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『ベルリン、僕らの革命』
ベルリン、僕らの革命
『ベルリン、僕らの革命』 ★★★
(2004年 ドイツ 126分)
監督:ハンス・ワインガルトナー
キャスト:ダニエル・ブリュール、ユリアイェンチ、スタイプ・エルツェッグ、ブルクハルト・クラウスナー

豪邸に不法侵入し、家具などを荒らしまわり、物は盗まずに「エデュケーターズ」と最後にメッセージを残す。理想主義者のヤン(ダニエル・ブリュール)は、親友のピーター(スタイプ・エルツェッグ)と夜な夜な活動を行っていた。しかしある時ピーターの恋人、ユール(ジュリア・ジェンチ)の引越しを手伝ったヤンはユールと距離が近くなり、その後彼女も活動に参加することになる。ある時彼女と過去に事故が遭った人物の豪邸に侵入するが、家主(ブルクハルト・クラウスナー)に見つかって…

あのラスト、どう受け止めたら?

こんな活動って日本じゃあり得なさそうですが
向こうでは結構盛んなんでしょうか?
そんな訳で主人公達の行動(思想)が子供っぽ過ぎるし、ついていけないですが
金持ちのおっちゃんを連れて行った後は、
どうやって事態を収束させるんかなぁと
それが楽しみでずーっと引き付けられました。

で、あのラスト。  どういう解釈が正しいのかな・・・

以下、ネタバレ?(反転すると読めます)

見たままだと、おっちゃんが警察に通報したが、ヤンら3人がそれより前に逃げていた。
でも私はあれはおっちゃんを含めた4人で考えた芝居じゃないかと解釈。
・ヤン達3人がホテルのような所で泊まっていたこと
 (お金が無いはずなので、誰からか資金を得ていた?)
・以前いた場所の家具類などがすっかりなかった
 (事前にわかっていての行動では?)
・警察が踏み込んだ時のあのメモ「お前らは変わらない」
 (おっちゃんからヤン達3人へのメッセージでは?おっちゃんは昔活動していたがいつの間にか年とともに変わったというエピソードとも絡んでいる)
・おっちゃんが帰宅してから通報するまで結構時間が経っている
 (考え込む風のおっちゃんの映像があり、通報するならすぐ出来たはず)
以上が理由ですけど、理由どうこうよりまぁそう考えたいなぁっていうのが
本音でしょうか(笑)

観客の想像にある程度まかせているラストもなかなかですし
引き付けられる、楽しめた映画でした。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
ベルリン、僕らの革命The Edukators2004年 ドイツ・オーストリア 理想主義者のヤンは、親友のピーターと暮らしている。ピーターの恋人、ユールの引越しを手伝ったヤンは、彼女にある秘密を打ち明けた。実
2006/08/14(月) 23:26:36 | cinema note+
 ベルリン、僕らの革命「ベルリン、僕らの革命」 ★★★DIE FETTEN JAHRE SIND VORBEI、THE EDUKATORS(2004年ドイツ/オーストリア)監督:ハンス・ワインガルトナーキャスト:ダニエル・ブリュール、ユリ
2006/08/16(水) 01:50:38 | NUMB
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。