Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『グエムル 漢江の怪物』
グエムル 漢江の怪物
『グエムル 漢江の怪物』 ★★★☆ 
(2006年 韓国 120分)
監督:ポン・ジュノ
キャスト:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン

ある日漢江(ハンガン)の河川敷に突如巨大な生物が出現し、無秩序に人々を襲い始めた。売店を営むパク一家も逃げ惑うなか、娘のヒョンソが巨大生物にさらわれてしまう。ヒョンソを救うべく一家団結して救出にあたるのだが・・・。

ポン・ジュノワールド満載!

私は『殺人の追憶』で衝撃を受け、『ほえる犬は噛まない』でポン・ジュノ監督に心をわしづかみにされたので、最新作であるこの映画を楽しみにしていました。
そんな訳で公開初日に鑑賞。

その感想は・・・ 面白い!  でも前2作は超えてないなぁ。
ポン・ジュノらしいといった感の映画で、怪獣映画や家族愛を期待して観に来た方は拍子抜けしたかも。
なにせ今回の巨大生物は序盤で、その生物発生要因の説明と全体の姿を颯爽と見せて暴れ狂っちゃいますから。
でもこの巨大生物はなかなか良く、動き方なんて格好よさを感じたり(笑)
あえてジャンル分けするならエンターテイメント映画?でしょうか。
月イチゴローで2位に選ばれ(意外でしたね、5位かと思ってました)怪獣の大きさが良く、色んなものが詰まっている。という評価はなかなか的を得ているかも。

しかしこの監督は細かいところ突くというか、独特のユーモア感覚がありますね。集団葬儀?で記者たちに囲まれる場面なんかに、ああ~らしいなぁと感じました(前2作に通じる感じ)。
笑いあり、恐怖・驚きあり、メッセージ性も若干あり?のなんでもありの映画です。楽しめた映画でしたがラストは個人的にちょっと?でした。

そしてキャストですがポン・ジュノ一家とでもいうんでしょうか。
この映画にはどちらかの作品のキャスト出演が目立ちました。
『殺人の追憶』にはソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイルそして『ヒャンスクブラジャー』の彼、『ほえる犬は噛まない』のピョン・ヒボン、ペ・ドゥナ。いやぁほんとに勢ぞろいですね。
『ヒャンスクブラジャー』の彼が出てきた時は妙に嬉しかったですね。

この映画が面白いと感じた人もそうでない人も未見ならば
『殺人の追憶』観て下さい。必見です。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TB&コメントありがとうございました。
怪獣映画を期待した方はだめだったでしょうね、自分はポン・ジュノ映画を観に行ったので大満足でした。
パク・へイル、見事におっさん化してましたよね(笑)
新作、待ちきれませんね!
2006/09/25(月) 13:05:05 | URL | micchii #mQop/nM.[ 編集]
待ちきれません
micchiiさん
こんばんわ 
TB・コメントありがとうございます。

ええ、待ちきれません。
個人的には次作はシリアス目がいいですね。
2006/09/25(月) 23:44:24 | URL | チビモリシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
 韓国で歴代ナンバー1のヒットを驀進中の怪物映画がついに日本上陸! 僕は公開初日に出かけましたが、日本での上映に際してもなかなかお客さんの入りは良かったと思います。劇場は9割方埋まっていましたから。なかなか幸先の良いスタートを切ったのではないでしょうか(..
2006/09/17(日) 01:27:09 | 映画大陸
The Host(2006/韓国)【監督】ポン・ジュノ【出演】ソン・ガンホ/ピョン・ヒボン/パク・ヘイル/ペ・ドゥナグエムルの小ささがいい。普段あまり新作の感想は書きませんが、これは書かないわけにはいかないでしょ
2006/09/25(月) 13:00:04 | 愛すべき映画たち
「グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ、コ・アソン *監督:ポン・ジュノ *模型制作:WETAワークショップ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・
2007/01/29(月) 19:39:03 | 映画レビュー トラックバックセンター
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。