Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『16ブロック』
16ブロック
『16ブロック』 ★★★
(2006年 アメリカ 101分)
監督:リチャード・ドナニ
キャスト:ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターン

NY市警のジャック・モーズリー刑事(ブルース・ウィリス)は、酒浸りの冴えない日々を送っていた。ある日、上司から証人エディ・バンカー(モス・デフ)を16ブロック先の裁判所まで護送してほしいと頼まれる。15分もあれば終わる仕事のはずだったが、移送する途中2人は何者かに襲われる。

ラストシーンに目を潤ませる

映画観初めてまず感じた事が
ブルース・ウィリスって何歳?
そんな事を考えてしまうほど映画でのくたびれた姿が凄く板についていました。
そのアル中ぶりと片足が悪い事から『ダイ・ハード』のような展開はないなと思いつつ鑑賞。

その予想通りアクション映画としては、特に特筆する事もなく(笑)
ハリウッド映画って感じの都合の良い展開もありつつストーリは進みます。
予告などではバス暴走のシーンが印象強かったのですが、暴走は意外にあっさり終わりますしね。

ただ冒頭にある、振りのシーンになってから
既定路線からゴロっと変化します。
あの行動にはちょっと驚かされました。
この時の会話がラストに反映されていたりしますしね。

傑作映画ではないんですが
ラストがなかなか良かったんで楽しめました。
まぁ、なかなか人って簡単に変われないですけどね(笑)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
頭痛薬はウィスキーでのどに流し込む。便座は上げておく。わずか16ブロック先。あ、なぞなぞの答えは便座ブロックだ!
2006/10/29(日) 18:09:32 | ネタバレ映画館
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。