Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『父親たちの星条旗』
父親たちの星条旗
『父親たちの星条旗』 ★★★
(2006年 アメリカ 132分)
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ジョン・スラッテリー、ニール・マクドノー

太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。国民的英雄として熱狂的に迎えられた彼らは、戦費を調達するための戦時国債キャンペーンに駆り出され、アメリカ各地を回るのだったが…。
<allcinema ONLINEより>


クリント・イーストウッドらしい戦争映画

クリント・イーストウッドの抑えた演出は合わないのか、一般的に評価の高い『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』なども正直そこまで評価される理由が判らず・・・
しかし、戦争映画っていうと他国の戦争ばっかりであったのが、今回の『父親たちの星条旗』は日本も題材になっていて、しかも日本側の視点で描かれる『硫黄島からの手紙』も第2弾として控えているって事で早速観に行ってきました。

大勢登場人物が現れるのと服装に差がないせいか、序盤は顔と名前がなかなか一致しませんでした(戦争映画ではしょうがないかも?)。そんな中で『プライベート・ライアン』でスナイパージャクソン演じていたバリー・ペッカー、『バンド・オブ・ブラザース』のニール・マクドノーを見つけた時は妙に嬉しかったです。
そして鑑賞後気付いたのですが『リトルダンサー』のジェイミー・ベルがイギー役で出演していたんですね。イギーの最期がどうなったか気になるところですが(『硫黄島からの手紙』でわかる?)しかし大きくなった、観ただけでは分かりません。

戦闘シーンは流石ハリウッド、流石ドリームワークスといったところで、なかなかの迫力です。戦闘機からの視点が個人的にははまりました。この映画と『男達の大和 YAMATO』を比べると、邦画はやっぱり戦闘シーンのしょぼさが出ますね。YAMATOは観ている時も思ったんですが、やっぱ引いている絵がもっと欲しかった。資金力の差なんでしょうか?日本の大作と呼ばれるものは画作りが下手です。
その引いた絵で今作では、硫黄島を取り囲む艦船の多さ、集中砲火っぷりが描かれていて、あれほどの物量に対して、よくも1ヶ月もの間耐えれたと改めて驚きます。上陸したての日本側抵抗も凄いですしね。

その戦闘シーンもクリント流なのか淡々としています。
夜襲を受けて必死に戦う姿や、落ちた船員をあっさり見捨てたり、味方の銃弾に倒れたり、『プライベート・ライアン』で鬼神の様な働きをしたスナイパージャクソンの様な存在もない。戦争に英雄なんていないんだよと淡々としながらもシビアな戦場を映し出しています。グロイシーンも淡々と・・・。

帰国し英雄として持ち上げられる3人ですが、同じ様に苦しむのではなく、楽しんでいる様にも見える人もいるのですが戦争終了後の扱いは酷いものです。ただこの辺りの描写も距離を保って淡々と描ききっています。盛上げる箇所などありません。
逆にこの辺りが評価される所以なのかな。

エンドロールでの写真(多分当時の物)も映画に重みを持たせてます。
その後の『硫黄島からの手紙』予告を観て決めました。
次も観に行きます。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
2006/10/30(月) 00:24:20 | ネタバレ映画館
毎年毎年イーストウッドイーストウッドってよく飽きないなあ・・・と陰口叩かれかねない状況になってきたのですが、そんなこといったって面白いんだもん。権力・権威・力ある者に悪態ついてぶいぶいいわしていた70年代~80年代を過ぎて、権力・権威への不審と怒りを露にしつ
2006/11/03(金) 23:38:17 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
 「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック「父親たちの星条旗」 ★★★☆Flags of Our Fathers (2006年アメリカ)監督:クリント・イーストウッド製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・
2006/11/15(水) 23:02:55 | NUMB
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。