Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『椿山課長の七日間』
椿山課長の七日間
『椿山課長の七日間』 ★★★☆
(2006年 日本 118分)
監督:河野圭太
キャスト:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見、桂子金治、須賀健太、志田未来、余貴美子、市毛良枝、沢村一樹、渡辺典子、綿引勝彦

ほんわか泣けるファンタジー

映画館の予告編を観ていて、面白そうだなと感じていました。
「いつか死ぬ予定のある方は参考までに是非ともご覧下さい」でしたっけ?
もちろん死ぬ予定があるので観なきゃいかんなぁ  って事で鑑賞。

亡くなった方が全員現世へ戻れる訳ではなく
審査を通り抜けた方だけが初七日までの時間制限の中で戻る事ができ
ヤクザの親分武田は無益な死者を出さない為に
雄一君は実の親に会う為に
そして椿山課長は重大な事実を知らないまま亡くなったという理由で
3人が審査を通り現世へもどれる逆送を許可されます。

原作は読んでないんですが
突然死した中年男が前世への未練から死に切れないって事で
絶世の美女に姿を変えてよみがえる・・・。
この設定で面白くない訳がないと思いながら不安だったのが伊東美咲。
ちょっとミスキャストでは?と思っていたんですが
どうしてどうして、違和感無く中年おやじが乗り移った役を演じてました。姿はキレイながらも西田敏行の存在感バッチリです。
ヤクザの親分の化身、竹内役の成宮も良かった。
重大な事実を知りバーで落ち込む椿をなぐさめる竹内のシーンは
笑わせて頂きました。
もうどうにでもしてっ! って思える程の色気だったんでしょうかね(笑)
他のキャストも素晴らしく
須賀健太、志田未来子役の2人、特に志田未来の演技は良かった。
ほんと、この2人よく見ますよね。


それにしても涙もろくなったんでしょうか(年のせい?)
ラスト付近では怒涛の涙ラッシュ。
3人がそれぞれの想いを遂げるシーン・・・たまりませんね
かなりの雨量を計測してしまいました。

期待をして観に行くと裏切られる事が多いんですが
この映画はその期待に応えてくれました。
笑いも絡めながらすがすがしい涙を誘う、楽しい映画です。
死ぬ予定のある方は是非!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして。

伊藤美咲さんがどうかなぁ~と思っていたのですが、映画の評価を拝見して観に行く決心がつきました♪

原作のおじいちゃんがどう表現されているか、楽しみです。

ハンカチ2枚は必要になりそうですね。
2006/11/19(日) 17:23:59 | URL | ちゃあ #-[ 編集]
ちゃあさんはじめまして

私と逆で、原作を先に読まれてるんですね。
私は映画を観終わった後に購入しました。
(読んだのはまださわりの方だけですが)

観られたら感想UPして下さいね。
ハンカチは2枚以上必要かも。
2006/11/19(日) 19:37:59 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
バタン♪Ю―(^O^ )オジャマシマース
須賀健太と志田未来・・・上手すぎる!!!
そこらの大根役者より、何倍もスゴイ!!!
この2人の演技だけでも見る価値はある。

伊東美咲の演技にはやられましたねぇ。
泣いた自分が「負けた」って感じです(爆)
2006/11/20(月) 06:21:22 | URL | あんぱんち #-[ 編集]
あんぱんちさん、いらっしゃい

あの2人の子役は良かったですね。
市毛良枝に抱きしめられながら、
『ありがとう』・・・だだ泣きでした。

あんぱんちさんも負けましたか
この映画が楽しめたのは
伊東美咲さんの頑張りのお陰でしょう。
観る前はちょっと不安だったので
嬉しい誤算?  でしたね。
2006/11/20(月) 23:09:37 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
ケントです。TBお邪魔します。
久し振りに面白い邦画を観ました。伊藤美咲は、「海猫」のときのよりもずっと良かったですね。彼女は以外とコメディアン向けなのかもしれませんよ。
とにかく僕も良く泣きました。
2006/11/23(木) 20:33:09 | URL | ケント #0TeLZ4IU[ 編集]
ケントさん、いらっしゃい

そうですか、ケントさんも号泣だったんですね。
しかし、最近面白い邦画多いですよね。
『時をかける少女』や近作など、そう感じさせてくれる作品が次々出てくるのは嬉しいです。
以前は邦画は面白くないと決めつけていた為?かあまり邦画は観ていなくて
『海猫』は未見です。そんな訳で伊東美咲さん出演の映画を観たのはこれが初めてでして、
出演していたドラマをチラ見した限り期待できないと思っていたんですが、
いい意味で期待を裏切っていただきました。
2006/11/23(木) 23:26:00 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
映画『椿山課長の七日間』を試写会で観た。
2006/11/19(日) 17:13:29 | いもロックフェスティバル
 がに股歩きの伊東美咲。はたして『転校生』のように体を触りまくるのか?!
2006/11/19(日) 18:34:12 | ネタバレ映画館
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。