Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『硫黄島からの手紙』
硫黄島からの手紙
『硫黄島からの手紙』 ★★★☆
(2006年 日本 141分)

監督:クリント・イーストウッド
キャスト:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江、松崎悠希

胸にズシリとくる映画

硫黄島の戦い2部作。今日公開された日本側から見た硫黄島『硫黄島からの手紙』を早速観て来ました。

「アメリカが5日で終わると思っていた戦争を36日間守り抜いた日本人がいた」
予告でそんな表現があったもので栗林中将の戦略がハマッタ場面なども描かれているのかな?なんて思っていましたが
そこは監督がイーストウッドの映画。戦争を少しでも肯定的に捕らえているような表現は皆無でしたね。
アメリカ軍が上陸後、一斉に仕掛けた反撃以外は、ひたすら耐え忍ぶ日本軍。
そしてどんどんアメリカに制圧される中、制圧された部隊が自決をするシーンは観ていてなんともいえない気持ちになりました。

『父親たちの星条旗』
と同様に、日米どちらが善でどちらが悪かということなく描いてます。
観客を感傷的にさせないようになのか演出は抑え気味。
ウルウルときそうな場面もあっさり切り上げられるので涙を流すまではいたりませんでした。
観ていてひしひしと感じたのは、戦地では当然の事なのでしょうが人の命なんてほんとはかなく散ってしまうものなんだと改めて認識させられました。
以下ネタバレの為注意。
白旗振って投降した清水の最期がなんとも・・・はかなくてたまりませんでした。
そして日本軍にメッタ刺しされる米兵、あの青年が『父親たちの星条旗』のイギーなんでしょうか?ちょっと顔は違った気はしましたが・・・


キャスト陣の演技もなかなか良かったです。
渡辺謙演じる栗林中将は安心して観れました。
「我々の子供らが日本で1日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る1日には意味があるんです。」というセリフは胸にグッときました。
二宮君も妻帯者には見えづらかったものの結構頑張ってましたよね。
その他名前を知らない役者さん(西郷とよくつるんでいる人で、自決を迫られる役)も良かったです。関係ないですが今年ドジャースで頑張った斉藤投手に似てるな・・・と思ったのは私だけでしょうか?


胸にズシリとくる映画で、帰りの足取りは重くなりがちかもしれませんが
日本人なら観とくべきか。音響のいい映画館で是非。

追記
 ネット検索していたら、サクっと発見。役名:野崎(西郷とよくつるんでいる人で、自決を迫られる役)は松崎悠希さんていう俳優さんでした。先日TVでやっていた『ラストサムライ』で小野田シンさんを断髪させる役の人が妙に似ているなぁと思っていたら、そちらも松崎さん(ぽっちゃりしてますが)。今後も密かに注目です。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
2006/12/10(日) 13:16:41 | ネタバレ映画館
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。