Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『アンナとロッテ』
アンナとロッテ.jpg
『アンナとロッテ』 ★★★☆
(2002年 オランダ・ルクセンブルク 137分)
監督:ベン・ソムボハールト
キャスト:ナジャ・ウール、テクラ・リューテン、グードルーン・オクラス、エレン・ヴォーヘル

1926年、ドイツのケルン。両親を亡くした双子の姉妹、アンナとロッテは、ドイツの貧しい農 民の家と、オランダの裕福な家庭にそれぞれ別々に引き取られる。時代と数奇な運命に翻弄されたふたりはやがて再会を果たすが…。

その想いは届いたのか

パッケージから想像つきませんが、1920年代戦乱真っ只中のドイツを舞台にした重く切ない話です。
幼少期のアンナとロッテは環境の差が激しく、アンナ側の環境は最低で、教育も受けさせてもらえず叔父叔母にこき使われ過ごします。青年期になっても状況は変わりません。第一次世界大戦で敗戦国となったドイツはとことん貧しく、ヒトラーのような独裁者が出てくるのは必然だったのかもしれませんね。そんな中2人はとうとう再会を果します、それぞれの環境の違いを感じながら・・・。
その後それぞれ女の幸せを掴みながらも戦争の渦に巻き込まれ、2人の間にある溝が深まります。戦争が終了した後も溝は深まるばかりで・・・。
戦闘シーンはないものの戦争の激しさ、狂気さが伝わってきますね、終戦後のアンナへの風当たりの強さがたまりません。アンナはロッテに理解を求めるのですが・・・・・・晩年のアンナはその想いをロッテに伝えきり2人は分かり合えたのか。
下手に派手なアクションの戦争物より、その悲惨さがひしひしと伝わります。

3世代、計6人の役者が双子を演じていますが、その中でも青年期のアンナ役の女優さんが目を引きますね、悲惨な状況下で凛とした美しさを感じます。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TBありがとうございます。
アンナの不憫さがたまりませんね。こういうことって実際にあったんだろうな、と思うとなんだか切なくなりますね。
2006/02/05(日) 02:10:01 | URL | baoh #JalddpaA[ 編集]
>baohさんへ
コメント・TBありがとうございます。
切ないですよねぇ、終戦後もあんな風に責められたらたまりません。日本もロシアや中国にいた方はあんな感じだったんでしょうかね。
2006/02/05(日) 22:40:58 | URL | チビモリシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
たまには単館系でしっとりと・・などと思いながらなにげなくTUTAYAのミニシアターコーナーでレンタル。「アンナとロッテ」1926年ドイツ。両親の死後、双子の姉アンナは農
2006/02/05(日) 02:06:40 | 雑記のーと Ver.2
2002年 オランダ・ルクセンブルクジャケットを見たら、子供もののファンタジーっぽいものかと思いましたが全然違いました。これはヒトラーの時代に生きた運命に翻弄される双
2006/02/05(日) 23:36:41 | cinema note+
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。