Cinema雑感

新・旧映画レビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
2006年マイベスト
なんだか今年もあっという間でした。
今年1月から始めたブログも、なんとか1年間続けることができたので、
この1年を振り返り私が今年に観た映画のベスト10を選んでみました。

対象はあくまで私が2006年に観た映画ですので旧作も含まれます。
映画鑑賞数107本、そのうち劇場での鑑賞が15本なので
大半がホームシアターでの鑑賞です。



第1位 『バタフライ・エフェクト』(2005年劇場公開)
    切なさ爆発!
バタフライ・エフェクト

 観たときにかなり引き込まれた作品です。
 主人公が思わぬことから過去にタイムスリップ。ここから始まる怒涛の展開が凄い。
 そして主人公が切ない選択をした後、なんとも言えない余韻に浸っていると・・・
 流れてくるエンディング曲も最高です。
 続編を作る予定らしいですが、どうなんでしょうこけるのは勘弁して欲しいのでやめたほうが・・・



第2位 『運命じゃない人』(2005年劇場公開)
    あんたは早く地球にすみなさぁ~い
運命じゃない人

こんな邦画あったんですねぇ。面白い!
次々わかる新事実も楽しめるんですが、それぞれの会話が面白いですよね。
内田けんじ監督の次回作は要注目。



第3位 『チャーリーとチョコレート工場』(2005年劇場公開)
    不思議な工場へようこそ
チャーリーとチョコレート工場

 なんといってもウンパ・ルンパが繰り出す歌と踊りがたまりません。
 ほんとに何度繰り返し見たことか。



第4位 『硫黄島からの手紙』(2006年劇場公開)
    胸にズシリとくる映画
硫黄島からの手紙

 重いです。亡くなった方々の無念さが伝わってきます。



第5位 『佐賀のがばいばあちゃん』(2006年劇場公開)
    泣いて、笑って、がばいばあちゃんの言葉を噛み締める
佐賀のがばいばあちゃん
 
 おばあちゃんの素晴らしい人生訓の数々を堪能できます。




第6位 『時をかける少女』(2006年劇場公開)
    真琴と一緒に飛び上がる
時をかける少女

 テンポが良く、何時の間にやら主人公真琴と一緒に飛び上がっています。



第7位 『アンナとロッテ』(2004年劇場公開)
    その想いは届いたのか
20060128220028.jpg

 第2次世界大戦中のドイツを舞台にした、双子姉妹の切ない物語。



第8位 『トゥモロー・ワールド』(2006年劇場公開)
    迫力の映像に息をのむ
トゥモロー・ワールド

 体をよじり避ける動作をしてしまう程の迫力映像を堪能。



第9位 『手紙』(2006年劇場公開)
    涙の瞬間雨量は最大級
手紙

 ラストの拝みとあの音楽のツープラトン攻撃を喰らってしまっては
 涙の防波堤は易々と決壊してしまうでしょう。



第10位は3作品
『椿山課長の七日間』(2006年劇場公開)
  ほんわか泣けるファンタジー
椿山課長の七日間



『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年劇場公開)
  邦画に対する印象を変えてくれた作品
ALWAYS 三丁目の夕日



『サマータイムマシン・ブルース』(2005年劇場公開)
  心地よくゆる~いタイムトラベル
サマータイムマシン・ブルース


 次点は2作品
『ゆれる』(2006年劇場公開)
  香川照之さんの演技が素晴らしい
ゆれる


『グエムル 漢江の怪物』(2006年劇場公開)
     ポン・ジュノワールド満載!
グエムル 漢江の怪物

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ちびもりしさん、TB&コメントありがとうございます。
「バタフライエフェクト」は僕も2005年度の最高作品でした。
「サマータイムマシンブルース」もなかなか良かったですね。
今年もよろしくお願いします
2007/01/01(月) 11:43:16 | URL | ケント #neBEUUqk[ 編集]
ケントさん、こんばんは

なんだか2005年公開映画が上位独占してしまいました・・・
それにしても『バタフライエフェクト』は面白かったですね。

こちらこそよろしくお願いします。
2007/01/01(月) 21:17:21 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
あけましておめでとうございます
こんばんは、お久しぶりです。

バタフライ・エフェクト良かったですね~。私の去年のベスト2でした。

今年もよろしくおねがいします!
2007/01/02(火) 01:10:12 | URL | baoh #JalddpaA[ 編集]
おめでとうございます
baohさん、こんばんは

ですよね、去年のですよねぇ・・・遅いよ!(一人ツッコミ)
まぁでも、みなさんのブログを見て参考にさせてもらったから
この映画に出会えたわけで
なんていうのでしょうか
また、楽しい映画レビュー楽しみにしてます(爆)
2007/01/02(火) 22:39:21 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
ちびもりしさん、はじめまして。
「バタフライ・エフェクト」は、劇場で観逃したのが 残念でなりません。
本当に、切なさ爆発!でした。
昨年は、邦画も豊作ではなかったでしょうか?
今年も素敵な映画に たくさん出会いたいですね。
またお邪魔させていただきます♪
2007/01/08(月) 23:21:40 | URL | any #PTRa1D3I[ 編集]
anyさん、はじめまして

私も劇場では観れていないんですよ「バタフライ・エフェクト」
でもほんと、切なさ!爆発ですよね。

今年も邦画は豊作だといいですね、
まずは「それでもボクはやってない」に期待してます。
2007/01/09(火) 23:08:06 | URL | ちびもりし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
今年も残りわずか。とりあえず、邦画の鑑賞は終了いたしましたので、邦画だけのkossy的ベスト10の発表です。
2006/12/31(日) 20:55:09 | ネタバレ映画館
 2007年新年明けましておめでとうございます!。  このブログが誕生して、そろそろ一年を迎えようとしております。軌道に乗るまでは、いろいろと苦労もありましたが、応援していただいている皆様のお陰で、なんとか格好がつくようになり、とても嬉しい気持ちで新年を迎
2007/01/01(月) 11:39:04 | ケントのたそがれ劇場
2006年もあとわずかということで皆様いかがお過ごしでしょうか。私といえば31日まで続く怒涛の忘年会ラッシュでここ1週間ほど映画を全く観てません。というわけでブログ更新も滞りがちだったのですが、年末といえば映
2007/01/02(火) 01:07:43 | 雑記のーと Ver.2
とうとう年末がやってきちゃいました・・・やり残した事はまだまだあって年を越せるのかぁー?というところですが、とにかくこれをやらなきゃブログは終れませんー。・・・ってなことで、頑張ってセレクトしました{/fuki_yonde/}{/buta/}今年は昨年からすると一挙に鑑賞数が
2007/01/02(火) 21:00:06 | シャーロットの涙
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。